部署紹介培養部

Department introduction Culture section

培養部には、胚培養士8名とラボクラーク1名の合計9名が
所属し受精卵の管理をさせていただいております。

培養部について

不妊治療を考えておられる方は、未経験な領域での初めて知る治療の連続やゴールが見えない不安で一杯になられていませんか?当院ではそんな不安の連続をサポートし、患者様の気持ちに寄り添い、安心して検査・治療を進められるようできる限り努力します。皆様の妊娠に向けて、豊富な知識・技術・機器すべてを導入し、皆様の妊娠をスタッフ全員で一緒に喜ばせていただきたいと思っております。

スタッフ経歴

  • 岡山大学 農学部

  • 愛媛大学大学院 連合農学研究科

  • 長野県短期大学 教養学科

  • 近畿大学 農学部

  • 近畿大学 生物理工学部

  • 長浜バイオ大学大学院 バイオサイエンス学部

  • 藤田保健衛生大学 医療科学部

  • 藤田医科大学大学院 遺伝カウンセリング分野

  • 大原簿記法律専門学校 医療秘書専攻

スタッフ出身地

  • 京都府

  • 大阪府

  • 滋賀県

  • 栃木県

  • 高知県

  • 長野県

  • インド

培養部の目標

  • ルールを守る

    5S(整理/整頓/清潔/清掃/躾)

  • 個性を活かす

    Hope for the best(期待する)
    Diversity in qualities(多様性の尊重)

  • Happy

    Success make us happy(幸せのために)
    Positive Laboratory(ポジティブ)
    Appreciation(感謝する)
    Team work co-ordination(チームワーク)
    Collaboration(コラボする)

  • 前進

    World Class Laboratory(世界基準のLAB)
    Make available choice(新たな選択肢を創造)
    Accept challengers(挑戦する)
    Keep leaning(学び続ける)
    Good sense(センス良くシンプルに)